2017年05月19日

新しい試み? / いけじゅん

なかしま氏が、一見なんの繋がりもない短編をいくつも書き、
それを何人かの演出で、それぞれ好きに並べ替えて一繋がりのストーリーに仕立てていく。

って、こんな夢を見たんだけどね、

なかしま氏は最初に一番絶望的な話をもってきて、最後は希望溢れる話で締めて、ホッとするストーリーに仕上げていた。
観客は安心したようで感動していた。

私は最初に希望溢れる話をもってきて、最後は絶望的な話で締めた。
どうしようもない絶望感で立ち上がれなくなる位、絶望的に終わらせた。

起きてから、
やっぱりなかしま氏は最後は救われる優しい話にするんだなーと、すごく納得した。
posted by siromiso at 19:46| 大阪 ☀| Comment(0) | いけじゅん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。