2017年07月21日

気付けば公演三ヶ月前/なかしま

1500639624832.jpg
先週の顔合わせより10月公演の稽古がスタートしております!!
ひゃー、驚いた。気付けば三ヶ月前になってるんですね。
怖いですね。

今回は物語になります。
タイトルはまだ(仮)です。あらすじも(仮)です。
本筋は決まっています。
でも、なかしまは書いているうちに予定の斜め上に進んじゃったりするんで(汗)
定まったら「(仮)」を取ろうと思います。
いや、来月にはチラシ上げないとだから早々に定めねば。

今回も沢山のスタッフ、客演さんに助けていただきます。
本当にありがとうございます。

(仮)な部分はありますが、公演詳細になりますっ!
皆様、10月は是非ともしろみそ企画にお付き合いください!

観て頂いたお客さまから
「優しくなれる、心暖まる」
等々言っていただけるしろみそ作品ですが、
今回はストレートにそれだと思います。ド直球です。

みなしごの少年ソラ君の物語になる予定です。
↑粗筋に「ソラ」なんて一言も出て来てない辺りさすが(仮)のあらすじです。

ソラ君が泥棒なのでしょうか?
でも泥棒姫って書いてるし違うんじゃない?
アニティエっなんなんよ。

その辺は暫し楽しみにしてて頂けたらと!!
※(仮)が取れ次第またブログ書きます。



■■しろみそ企画第24回公演■■
「星降る夜空と泥棒姫(仮)」
■日程■2017年
10月21日(土)15:00/19:00
10月22日(日)13:00/17:00
(受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前)
※小学生以下無料
※10月22日(日)13:00の回は未就学のお子さまも入場頂けます。
■会場■
大阪市立芸術創造館
■料金■
前売当日共に2,000円
■あらすじ■(仮)
くすんだレンガの街並みと
昼夜問わず延々と昇り続ける煙突の煙、
油で汚れた海、
鉄屑と錆、
出稼ぎに来ているオヤジ共の酒と煙草の臭いしかしない街。

 鐵工の街マイアック。

女主人ステラが切り盛りする酒場では最近街を騒がしている泥棒の話で持ちきり。

そんなマイアックのステラの酒場の屋根裏に住み着いている泥棒のお話。

「だからアニティエ、
  夜空が晴れなくても向こうから降ってくるさ」

小さな泥棒と足が不自由なお姫さまの物語。


■スタッフ■
舞台監督■いけじゅん
音響  ■大谷健太郎(BS-U)
照明  ■里見理保(現代古典主義)
衣装  ■中野智佳子
制作  ■あかさかさくら
それ以外■なかしまひろき

■キャスト■
あかさかさくら
中野智佳子
中山明菜
初沢タケシ
なかしまひろき

有紗
井上キホー(劇団暇だけどステキ)
今井つづる
太田裕介(PROJECTおふざけチャン。)
岡田由紀
木村雪夏(劇団暇だけどステキ)
後藤啓太(ベイビープレイ)
中村多喜子(演劇集団☆邂逅)
なかむらまこふ(劇団スターダスト日本)
平尾志帆
古川智(華舞衆 彩り華/羽々斬)
朴友鳩(U・WA・SAの奴等produce)
松田亜矢香
森山瑛美子(好きこそMonono.Q)
南克哉

      他 (敬称略・順不同)
        

日時のみ指定予約となります。
※予約開始は8/15(火)からを予定しておりますっ!

肌寒くなる秋口に心暖まる物語を。
しろみそ企画10月公演、宜しくお願い致します〜!
posted by siromiso at 21:27| 大阪 ☀| Comment(0) | なかしまひろき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。