2018年12月14日

その鐘(再)輝きランキング7-6位!

なかしまです!
日付も変わりましたので本日も輝きランキングを発表して参ります!!

●輝きランキングとは?●
アンケートのチェックボックス「誰が輝いていましたか?」を集計させていただいた結果です。
役どころや見せ場など、そもそもが平等ではない状態でのランキングですのでそこはご容赦下さいませ。


それではその鐘を鳴らすのは輝きランキング、
本日は7〜6位を!!

ダラダラダラダラダララララ・・・・(ドラムロール)

 ダンっ!!

第7位!30票 音響

でしたー!
音響は毎回BS-Uの大谷健太郎さんにお願いしてます!
もうね、おかしいの。
仕込むスピーカーの数が。
鐘は時計台の方から、アラブの軍用機は客席後方から、保健室の扉は舞台向かって右側だし、発砲は左側からだし、雀は上で鳴いてます。
何がなんだかですよ。
音の空間演出が異常です。
毎回タイトなスケジュールの中、しろみそ企画にお付き合いくださいまして有り難うございます。


ではでは続いて第5位を!
(ドラムロール割愛)

第6位!35票 脚本

でしたー!
立て続けにスタッフワークが堂々のランクインです。
「脚本」がランクインしている間は劇団は安泰だと思います。
再演でしたがそこそこ書き替えたりもさせて貰いました。
「初演を超える再演は無い」と言う諸先輩の名言がありますが、
どうだったんでしょうか。
個人的にはお客さんに「初演も見たけど、更にパワーアップしたね」とも言って頂けたので
初演は初演、再演は再演。これもひとつの成功例ではないかと思っております。

今回は「コメディ」について考えさせられました。
一重にコメディと言っても多々あると思うのですが。
なかしまの解釈では「笑ってもらう=コメディ」では無かったからです。

コメディとは、
喜んでもらう、楽しんでもらう。
もしくは会場を後にするときに「楽しかったなぁ」と言ってもらえる物かなぁと。独自解釈ですが。
喜劇はコントでも漫才でもインプロでもバラエティーショーでも無いんじゃ無いかなぁ。
だって「劇」だもん。って思ってて。

台本を生かして笑いに繋げる。 解る

アドリブを突っ込んで笑いを取りに来る。 解らない

解りやすいでしょ?
世界観を背負った事しかして欲しくない。
だって世界観を大事に大事に書いたんだもの。
「コメディこそ繊細な物」と言う先輩の話を思い出しつつ。


本日は7、6位の紹介でした!

スタッフワークの日だったので
初演時の初期しろみそまんと
パンのシーンの中山さんを載せておきます。
P1120951.JPG

P1110429.JPG


次回は5〜3位を発表します!!


第6位 35票 脚本/なかしまひろき
第7位 30票 音響/大谷健太郎
第8位、28票 中野智佳子/教頭
第9位、27票 杉野叶依/ロゼリア・フィスタマリア
第10位 26票 初沢タケシ/メアリー・アントワネット


posted by siromiso at 01:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 輝きランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。